働き方改革

Work style

HOME / サービス一覧 / 働き方改革

三交会は企業のパートナー働き方改革で企業の効率を高めるご提案をしています。

働き方改革は、従業員が働きやすい職場環境を整備することにより、労働生産性の向上を目的とした取り組みですが、簡単に働きやすい職場環境といっても、すべての企業が同じことを行えばいいというわけではありません。

業種によって可能な働き方、不可能な働き方があります。
すべて統一された「働き方」は実際には不可能であり、それぞれの環境や業種に合わせ、法令と照らし合わせた施策が必要とされます。
「いったい、どのような働き方改革が自分の会社には最適なのか?」とお悩みの企業様もご安心ください。
三交会の社労士は、労働法・社会保険諸法令に精通した国家資格者。働き方改革にお悩みでしたら、ぜひご相談ください。

働き方改革 3つの柱

働き方改革は、厚生労働省により、以下の3つの柱をもとに構成されています。

この3つをより具体的にした以下のテーマが「働き方改革実行計画」として定められています。

主な働き方改革実行計画の一覧

  • 子育て・介護等と仕事の両立、障害者の就労
  • 誰にでもチャンスのある教育環境の整備
  • 女性・若者の人材育成など活躍しやすい環境整備
  • 雇用吸収力、付加価値の高い産業への転職・再就職支援
  • 在宅、テレワークや副業等、柔軟な働き方がしやすい環境整備
  • 非正規雇用の処遇改善
  • 病気の治療と仕事の両立
  • 賃金引上げと労働生産性向上
  • 高齢者の就業促進

三交会が重要視する3つの「働き方改革」

数ある施策の中で大分県下の中小企業の特徴と照らし合わせ、三交会が特に優先順位の高いと考える施策は以下の3点です。

時間外労働の上限規制

働き方改革のうち「長時間労働の是正」では、残業時間の上限が明確化され、時間外労働に対する割増賃金の見直し等が盛り込まれています。

中小企業においては、月60時間超の時間外労働に対する割増率は、2023年4月1日に現在の25%から50%割増になることが決まっています。
いずれはコスト面においても大きな打撃を受けるため、企業側は時間外労働を減らす施策に取り組む必要があります。

時間外労働を減らすことで生まれるメリットは、人件費削減だけではありません。従業員の健康への配慮(安全管理義務)、新規採用や社員定着など、時間外労働の削減にはさまざまな観点からメリットがあります。
現状をしっかりと把握し、法令を遵守した制度づくりを三交会の社労士がフォローします。

労働時間の適切な把握

自己申告や出勤簿への押印などは、労働時間管理があいまいになりがちです。
そのため、始業・終業時刻の把握は、原則として使用者(労働時間管理を行う責任者)が直接確認・記録するか、タイムカードやICカードなどを使用し客観的に記録されたもので行わなければいけません。
しかし、適切な労働時間の把握ができない事業所が、特に地方では今でも数多く存在しています。

労働時間が把握できるようになると、削減可能な時間外労働が判明することがあります。
労働時間の適切な把握は時間外労働の上限規制にも関わりが深く、このことにしっかりと取り組んだ結果、未払い残業代が発覚することも。雑な労務管理を続けていると、数百万円単位の債務を招いてしまう可能性があるため、日頃から気をつけて取り組まなければなりません。

年次有給休暇の取得・管理

長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現等の中で、年10日以上有給休暇が付与された従業員について、最低でも年5日は必ず取得させることが義務付けられました。本人が申請していない場合は、会社が取得させる必要があります。

この対象者には、条件さえ満たしていればパートやアルバイトも含まれるのですが、そもそもパート・アルバイトにも有給が使えることや、有給休暇が最大20日まで付与されることを知らない事業所も少なくありません。

また、年次有給休暇の管理簿を作成し、三年間保存することも義務付けられました。
手作業での管理が非常に面倒になるため、三交会では休暇申請、休暇管理、管理簿の作成まで終わらせてくれる勤怠管理ソフトの導入をオススメします。

merit働き方改革が与える「メリット」

従業員:残業が減り、有給休暇で自分の時間ができはじめた! 社長:社員のパフォーマンスが上がり離職・離脱率も下がった!

従業員のパフォーマンスアップや、離職・離脱率の減少、働き手不足など、企業は様々な課題を抱えています。そんな中で、働き手に選ばれる企業であるために、働き方改革を進めることは重要な経営戦略とも言えます。様々なテーマのもと推進されている働き方改革ですが、自分の会社にとって必要な施策を見極め、法令を守りながら実現に向けて取り組みを進めていくことが大切です。

contact

営業時間 平日 9:00〜17:00
news
お知らせ
column
コラム