まずはご相談
9:00〜17:00
(土日祝休)
大分TEL:0975203600、三重TEL:0974227311
社会保険労務士法人 三交会
人材に関する専門家として後方支援会社と従業員を信頼でつなぎます。

社労士は「企業」と「人」の架け橋。
人材に関するお悩みを解決します。

近年、社会情勢の移り変わりとともに労働者の意識、社会保険制度、多様化する働き方の勤怠管理等、会社経営に求められる業務や法令が変化しています。
その一方、従業員と経営者間で生じるトラブルも増加しています。
三交会はこのようなトラブルを未然に防ぐため、時代の流れに沿った労務リスク対策や就業規則作成、人材に関するご相談を承っています。

社会保険や雇用保険の書類作成や手続き業務はもちろん、ペーパーレスの推進や勤怠管理システム・給与計算ソフトの導入を支援し、経営者様の負担を軽減しながら全体の効率化を図ることで、企業の成長を全面的にバックアップ。
企業様が日々の業務を通し、従業員とよりよい信頼関係を築くことを目的に、三交会は「法令遵守」と「企業の想い」を大事にしています。

三交会の取り組み

従業員と企業双方にメリットを生む
働き方改革に対する
三交会からのご提案

「働き方改革」
働き方改革関連法の成立に伴い、時間外労働や年次有給休暇、賃金のルールが改訂されるなど、企業は大きな変化を求められています。

「働き方改革で、会社の負担が増えるのではないか?」 「有給休暇などで自社に合う改善策がわからない」等、経営者様からお悩みの声が上がっていることも事実。 「働き方改革」は、従業員だけにメリットのあるものではありません。適切な施策により、「人材の獲得」「業務の効率化」「従業員からの信頼」など、企業側も多数の効果が期待できるのです。
私たち三交会は、人事のプロフェッショナルとして、より効果的な働き方改革の実現をお手伝いします。お悩みの方は、ぜひ三交会にご相談ください。

働き方改革について

service
サービスのご案内

  • 人事労務を図る

    人事(採用や退職など)の全般サポート、的確なアドバイスや法改正情報のご提供で皆様を支えます。

    労務顧問について
  • 書類業務の代行

    労働保険や社会保険に関する書類作成や提出業務を代行して、企業様の負担を軽減。

    手続業務について
  • 給与計算の代行

    毎月必ず発生する給与計算業務を代行し、業務の適正化や省力化に対応。

    給与計算について
  • 社内の環境構築

    従業員と企業を信頼と安心で結びつけるため、就業規則を作成、改訂し社内環境を整えます。

    就業規則の作成
  • 業務効率化を図る

    複雑かつ繁雑な勤怠管理や給与計算。業務効率化に有効なシステム導入をサポートします。

    労務管理システム

modelサービスモデル

給与計算、社会保険、就業規則、労務管理…まだまだあります。

会社経営で発生する「人」に関する業務を引き受けるのが私たち社労士の役割。
とはいえ、社労士の仕事は経営者様の負担軽減だけに留まりません。
例えば勤怠システムの導入のご提案や人事制度のコンサルティング、ペーパーレスの推進など、
数多くの分野において経営者様を全力でサポート。
経営者様とともに歩み、会社を成長させていくお手伝いをしています。

労務管理を見直すことで、会社は生まれ変わる

CASE01. 離職問題

新人がすぐに辞めてしまうため、人材不足に悩んでいる。

離職率が高く、採用を増やしてもすぐに辞めてしまうため、人手が足りていません。人材育成にも力を入れたいので、同じ人に長く働いてもらえる会社にしたいのですが、改善方法がわからず困っています。

原因と解決策

会社の改善点を明確にして
従業員に信頼してもらえる環境整備を。

労務コンプライアンス 就業規則改訂

まずは就業規則をしっかりと見直すことが大切です。経営者が積極的に社内環境を整える姿勢を見せることで、従業員と信頼関係が生まれ、改善点を発信してくれるようになります。それをヒントに社内環境を改善していけば、自然と定着率が上がってきます。
法令遵守し、正確で効果的な就業規則の作成は、ぜひ三交会にご相談ください。

CASE02. 給与計算問題

きちんと給与計算をしていたが、計算自体が違うらしい…。

毎月の給与計算は、経験のある経理に任せ数字も問題ないと思っていたのだが、社員の一人が手当の部分で計算がおかしいのではないか?と指摘してきた。突っぱねると後々問題になるかもしれない…どうすれば確認できますか?

原因と解決策

専門家である社労士の確認と、
労務管理システム導入で効率化を図る。

労務アウトソーシング 労務管理システム 給与計算

給与計算は手当や扶養問題で、細かく違う点があり、実は正しい計算ができていること自体が少ないと言われています。 給料は従業員のモチベーションの要。 社労士が入って正しい計算をすることで「もしかしたら間違っているかも」という不安は払拭されます。 また、手続き処理が手間な企業様には労務管理システムの導入も効果的です。

CASE03. 事務労力問題

事務処理に時間がかかっている。担当者が離職したら…と不安だ。

給与計算などの各種事務作業を昔からのやり方で行なっていて、時間がかかってしまっている。事務員さんが女性で今後結婚や出産で離職になった場合、新しい人を入れても引き継ぎなどでさらに時間がかかってしまう・・・。

原因と解決策

専門家である社労士に任せていただき、
リスク回避と業務集中を図る。

労務コンプライアンス 就業規則改訂

日頃の給与計算などの事務処理から、突発的な申請作業や書類作成が苦手、面倒、時間がない。と嘆く企業様は非常に多くいらっしゃいます。
さらに人員の問題が重なる…。という場合には、私たち社労士が様々な申請の代行などの労務顧問を請け負っています。
企業の負担が軽くなり、さらに業務に集中し効率化を図れるようご協力します。

contents
経営のお悩みから必要なサービスを探す

contact

営業時間 平日 9:00〜17:00
news
お知らせ
column
コラム